Heiva i Tahiti 2019

今年も待ちにまったヘイヴァが7月4日から20日までタヒチ島のトアタ広場で行われます。タヒチといえばヘイヴァ、伝統的なダンスのフェスティバルです。
昨年の8月から今年の1月31日正午まで参加募集がかけられ、ダンス部門に14チ-ムが、歌部門に20チ-ムが参加することが決まりました。
参加チ-ムはこの6か月の間、コスチュ-ムを作り、音楽を構成し、振り付けを考え、各グループオリジナルのテ-マに沿った、観客を圧倒させるものを作り上げていきます。ダンサ-たちはウクレレや鼻笛、または貝を使った楽器の生演奏にあわせて踊ります。
14ダンスチ-ムのうち9グル-プがHura ava tau (フラ・アヴァ・タウ:アマチュアのグル-プ)で、残りのグル-プが Hura tau (フラ・タウ:プロのグル-プ)です。アマチュア部門のグル-プがヘイヴァで賞をとると次の年からプロ部門にカテゴリ変更して参加することが可能になるので、アマチュアのグループにとって、とても大事な大会です。歌の部門は歌い方によって3種類の部門に分かれています。美しいメロディ-を声で奏でるtārava tahiti(タラヴァ・タヒチ) 部門。声だけでべ-スや高音、合いの手がはいり、音を生みます。そのほかにtārava raromata’i(タラヴァ・ラロマタイ:基本的にオ-ストラル諸島の歌などの離島の歌)部門や tārava tuha’a pae(他の2つに比べ、単語単語を短くパッパと切る感じの歌)部門があります。耳で聞いた感じはあまり違いが感じられないのですが、それぞれの部門で審査の対象となる条件が違い、
① 指定のジェスチャーがある(左右に揺れる、肘をついて指をほっぺにさす、膝を叩くなど)
② 指定人数で輪唱する
③ 指定の音の高さで、指定の人数で歌う
など、3~9個の条件を満たしているか競うそうです。
またヘイヴァの時期には次世代の歌手を発掘する、歌のコンテストも行われるので、ぜひ開催日程をタヒチ文化会館に問い合わせてみてください☆彡
ちなみに各ダンススクールの発表会は6月5日から16日まで行われます。こちらも見逃せないタヒチの伝統行事です。
伝統的なイベントで忘れてはならないのがフル-ツを担いで走る競争や、重い石を持ち上げる大会、槍をココナッツ向けて投げ、何本刺さるかを競うゲ-ム、アウトリガーカヌ-のレ-スなど・・・7月はいたるところでお祭り騒ぎなので、一度タヒチに行ってみたいな…と思う方、7月にタヒチにお越しくださいませ!!!忘れられない経験が待っていることでしょう。

Leave a Reply

CAPTCHA